人と組織の”芽吹き”に組織の枠組みを超えて伴走するラボラトリー
『チームラーニングプロセスの探究工房』

プロセスラボラトリーでは、組織に集う人々が主体的に学び合い、創造的で成長し合えるチームになるためのお手伝いをしています。

私たちの使命は、人と組織の芽吹きに寄り添い、一人ひとりが自分らしく活かされ共に成長しあえるチームづくりを通して、社会の持続可能性に寄与すること。

私たちが大切にしていることは、自分らしく自然体で自分を活かして成長していくチーム学習プロセスの探究です。基本スタイルは、私たちとクライアントがチームになって探究し、学び合いながら共に未来を共創するイメージ。あたかもラボラトリー(つまり工房)で実験探究するかの如く、その場のプロセスデザインをチームの相互作用と創発で追求していきます。

私たちが組織開発・人財開発で利用する手法の前提は、愚直なファシリテーション。多様なその組織の状態・課題に応じたプロセスを丁寧にデザインして、その場をファシリテートすることを大切にしています。

『ファシリテーションとは、”し易くすること”』

「何を」ファシリテートしていきたいのかによってプロセスデザインは変わります。人をファシリテートするというと「人財開発」、組織をファシリテートするというと「組織開発」、チームをファシリテートするなら「チームビルディング」、という言葉になるかもしれません。

ただ変わらないのは、人と人との協働はすべて「話し合い」という行為から始まるということ。つまり、話し合い方が変われば、人や組織やチームも変わっていく可能性が高まるのではないでしょうか?
私たちはその“芽吹き”を信じてファシリテーションに向き合いっています。

また、プロセスラボラトリーでは組織の枠組みを超えて繋がるネットワークをベースにしています。

一人ひとりが自律した個として立ち、自分の内側から湧き出てくるエネルギーを自分らしく発揮できることを大切に、一人では成し得ないことを多様なプロフェッショナルと協働しながらチームをつくって、クライアント主体のプロセス支援を行う。まさに、新しい働き方・組織のあり方をこのラボラトリーで実証実験しながら、人と組織の芽吹く力に伴走し続けています。





株式会社プロセスラボラトリー
代表取締役  飯島 邦子