看護の皆様とファシリテーションの学び合い

とある病院で、ファシリテーションの学び合い。2年目です。

冒頭の認知度アンケートではほぼ今日が初めてファシリテーションに触れる皆様でした。
学んだ後に、しっかり使う場があること。その場はある程度組織が支援できること。これが理想。
しかし、そんな理想は無理とあきらめる前に、学び手の方からも、場がないから使えないではなく、使う意識を持つ、ただの会議の参加者だったとしてもこの学びをどう活かせるか、を考えてもらいました。

組織の風土になるためには、相互にプロセスを織りなしていく必要があります。

ファシリテーションの普及と定着に向けて、まだまだやることありますね。。。
今日の一日が明日への一歩につながりますように。

Follow me!

次の記事

社会人基礎力研修