志賀さんのみんなの会議講座、ご報告

プロラボが主催する講座では、是非多くの皆さんにご紹介したいファシリテーターの方をお招きしています。

今回は、福岡から志賀壮史さんをお招きして、参加者のためのファシリテーションでありファシリテーショングラフィックを学ぶ場を開きました。

ファシリテーショングラフィックは、綺麗な作品を仕上げることよりみんなを応援するためにあること。
大事なのはその応援の仕方。
・聴いて書くこと=味わいも。
・促し進めること=余白。
・結び関係づけること=引き出し。
・備え後じまいすること=プロセスデザイン。
・そして、そこに在ること=愛。

このお髭と笑顔!いいですね~

ファシリテーションを学んでいく中で、取り組みやすく、陥り易いのが、書くこと。
何のために書くのかを常に意識して、参加者のために。

志賀さん、本当にありがとうございました~!)^o^(

Follow me!