事業内容

プロセスラボラトリーは、チームのプロセスを探究するラボラトリー活動を通して、人々の活動を支援しています。
人々の活動は、コンテントとプロセスから出来ており、そのどちらかが欠けてもいい活動にはなりません。コンテントとは「中に含まれているもの」という意味になりますが、チーム活動においては、活動テーマ、活動内容、そしてその活動におけるメンバーの発言内容や生み出されるアイデア等を指します。一方プロセスとは何か?というと「コンテント以外のもの全て」ということになります。チーム活動においては、活動の進め方や話し合いの進め方、その場にいるメンバーの考えていること、感じていること、相互の関係性、それぞれの価値観等がそれにあたります。プロセスの質はコンテントの質に大きく影響するため、ラボラトリー活動はファシリテーションを活用してこのプロセスに焦点をあてて働きかけていく活動となります。
中長期にわたるプロジェクト活動から一つ一つのミーティングまで、幅広い観点でチームのプロセスに寄り添い組織の成長を支援しています。

主な弊社の主なサービスカテゴリは下記の3つになります。

その他、ファシリテーションやチームビルディングの個別研修、会議支援、エグゼクティブカウンセリングセッションなども承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

組織学習サイクルの伴走支援

組織の事業戦略策定や組織構造の再構築等のプロジェクト活動(コンテント)を、活動の設計デザインの質やメンバーの関係の質など(プロセス)への働きかけを通して組織学習を支援します。
組織学習に画一的なパッケージは存在しません。お客様と我々でチームを作り、その場その組織に応じたプロセスへの働きかけを大切にしています。ゴールは自走。そこに至る道のりに丁寧に伴走することから、お客様と共に組織の成長を育んでいきます。

組織学習プロジェクト

 

戦略的人財育成プロセス支援

経営と現場実践をリンクさせた戦略的人財育成を体系化してオリジナルの育成モデルを協働で構築し、マネジメントが育成の当事者になることを支援します。
人の成長には、現場実践7割:それを支えるin-formalな関り2割:formalな学び1割のバランスが大切だと言われています。プランニングフェーズでは、現場のマネジメント自ら設計に関わることでその育成の当事者になることが重要なポイントです。実践フェーズでは育成当事者によるOJTとin-formalな関りの実践のサポートとformalの学びをサポートします。リフレクションフェーズでは育成当事者間の体験学習を経て組織の智へ昇華することをサポートします。

 

ファシリテーター型リーダー育成支援

組織の中に自ら学び学び合う風土を醸成し自律的・主体的な組織への変革を促進するファシリテーター型リーダーの育成の内製化を支援します。
特徴は、集合研修と現場実践をつなげる活動とお互いが助け合う仕組みを通して、見えにくいプロセスに眼を向ける訓練を重ねていくこと。それによって組織の誰もがファシリテーター型リーダーシップを発揮できるようになることを目指します。そして、リーダーシップのあり方を指示命令型から支援促進型へ変革していくことで、自律的・主体的な組織への変革を促進していきます。

 

その他公開主催事業の情報は、弊社が運営する“プロセス探究サロン”のPeatixグルーブでお知らせしております。
グルーブをフォローすると更新の際に情報をお届けすることが出来ます。