常に意識しているはずのこと

私にとってのファシリテーションの師匠と共に、蒲郡で更生保護のために頑張っている女性の皆さんとファシリテーションの学びあい3日間でした。

ファシリテーションって、主体性を促すんです、と言われても、それが体現・体感されなくちゃ、明日からの行動変容にはつながらない。一つ一つのプロセスに意味があって、そのプロセスの結果が終了時のアウトカム。だからこそ、私たち伝える側の姿勢がとても重要です。

師匠の場はそんな体現・体感がとても大事にされていて、毎回勉強させてもらっています。

分かっているし、常に意識しているはずなのに、まだまだ伸びしろがあるなぁ、と自分自身に発破をかけた3日間でした。そして、自分のやり方に囚われず様々な場を体験することの大切さも実感した3日間でした。

こんな風に機会をもらえていることにほんと感謝。そして、参加してくれたパワフル女子の皆さんに感謝。

話し合いが変われば関係性が変わる。会議が変われば組織が変わる。
その先の社会を明るくするためにもきっと役立ってくれるはず~

写真は途中の質疑応答の時のホワイトボード。
会場が大きくって、人数も大勢だったので、書く時も文字の大きさ・太さを意識して書いてみました。

Follow me!