持続可能な社会に貢献するひとづくり

ESD(持続可能な開発のための教育)に関わる中で、川嶋直さんとのご縁をいただき、清里ミーティングでのワークショップにお声がけいただきました。

清里ミーティングは「持続可能な社会に貢献するひとづくり」を志向する人たちがつながるきっかけの場です。自然体験・野外教育・環境教育に関心を寄せる人たちがの交流の場として30年以上続いてきた中で、分野的には門外漢ではあるものの、多様な人々との協働による社会的課題に向き合ってきた人々は、まさにファシリテーター。

直さんとKP法の力にひきよせられて、自分なりにその発信と普及を続けてきたのですが、この場の皆さんと時間を共有することから得られたことを未来の私に引き継いていけたらと思っています。

初日の夜には、復興支援活動でご縁のあった南兵衛さんとも偶然お会いして、ファシリテーターとしてお手伝いをした南相馬騎馬武者ロックフェスの写真を見せて頂き、当日の盛り上がりを少し分けて頂きました。

20141116_3
川嶋直さんとのワークショップ本番は2日目。
何も決めずに場と対話しながら作る楽しさを味わいました。

全体会では中野民夫さんの進行でESDの10年に絡め自分の10年を振り返り、最後はお酒を飲みながらの語らいまで。

お部屋では、同室になった皆さんと、暖炉の火を囲み、ファシリテーション談義。

来る前は、一人での参加にちょっぴり不安もありましたが、意外に楽しんでる自分がいました。

20141116_4
3日目には、当日の現場力からエントリーされるワークショップがあるのですが、何故か巻き込まれて、えんたくんカフェのファシリテーターをやることに・・・❗

一緒にやろうと誘ってくれた人は、なぜか輪の中に入っていて、気づいたら進行を任されているという・・・これも手放すファシリテーションというのでしょうか。

この場から何かが生まれるといいなぁ。

清里ミーティングの最後は外で。
寝転ぶ人もいれば話し込む人も。(笑)

場違いかな・・という不安もあったりしながら、うまく言語化出来なかったものが一歩踏み込んで腹落ちしてきた感じがします。
何につけても、私に出来ることをちょっとずつやっていくしかありません。

美しい景色に囲まれた三日間。この場に来させて頂いた直さんに改めて感謝。ありがとうございました❗️
終わった後、一人でちょっと冒険?して、清里のまちはずれをぶらぶら(笑)あっという間に薄暗くなると街頭がないので、真っ暗になります。話し込んでたお店で、地元の方に駅まで送っていただき、無事小海線に乗り込むことができました。

Follow me!